【ハピタス改悪?】 紹介制度の変更で儲からなくなりそうです

Anger4 08.14ハピタス
この記事の所要時間: 414

管理人3の大好きな「ハピタス」が紹介制度を変更する予定です

しかし、中身がわかりにくい

そして、これから「ハピタス」で、紹介制度で儲けることは難しくなるかも?

スポンサーリンク

ハピタス紹介制度  10月に変更予定です

管理人3の大好きなポイントサイト「ハピタス」もついに改悪への道をたどるのか?

2019/10から変更です

Alteration

 

今までのハピタスの友達紹介制度は「ハピ友」と「シェアハピ」という二種類がありました。

9月30日まではこの制度が継続しますが、10月からは新制度「ハピレスフレンド」に移行します。

 

新制度の特徴は以下の三つ

  1. ハピフレスコア(?)に応じて報酬率は変化
  2. 報酬率は0.1%~45%の100段階が存在
  3. 紹介した方への特典が400ポイントにアップ

※400ポイント獲得のためには、登録後7日以内のハピタス利用が必要

 

No Good 07.06

dadaworks / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハピフレスコアとは?

ハピフレスコア(?)という奴の計算は、非常に複雑になっています。

 

ハピタスによると、ハピタススコアは以下のように計算されるとのことです。

 

ハピフレスコアは [{(「前月の新規紹介登録者数」-「前月の新規紹介登録者数平均値」) ÷「前月の新規紹介登録者数標準偏差」+50} + {(「前月の広告利用者数」-「前月の広告利用者数平均値」) ÷「前月の広告利用者数標準偏差」+50}] ÷ 2 で算出され、当月のハピフレポイント率に反映されます。

 

計算自体はわかりにくいですが、「前月の新規ハピタス紹介者数」と「自分のハピタスフレンドの中のハピタス利用者数」が、平均に対してどの程度の数であるか、でおおよそ決まるということになります。

今までの蓄積はどうなるのだろうか?

今回の友達紹介制度の改正で大きなポイントは、この「ハピフレスコア」なる謎指標です。

これまでのハピ友は「過去の紹介人数の累計」または「当月有効ポイント数」でステージが決まりました。

それが今後は、「前月に新しく紹介した人数」と「前月に広告を利用した人数」で決まることになりました。

 

 

つまり、これまでは累計で決まった来たものが、毎月ゼロベースで算定されなおされるということです。コツコツやっても、来月にはリセットというハードモードになったわけです。

長くやっている会員さんには、イマイチな制度かもしれませんが、これから入会する人には改善と言えるかも・・・

Shopping 08.14

Free-Photos / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのまとめ

10月からののハピタスの友達紹介制度の変更で、紹介報酬が下がることはほぼ確定です。

 

しかし、10%の紹介報酬率はほぼ確定しそうなので、紹介によるポイントは確実に入ってきます。

紹介報酬が下がった分が案件のポイント数アップにつながれば、利用者にとってより良い方向の進む可能性が高いです。

 

もともと「ハピタス」は、業界屈指の高還元率サイトなので、ますます他の追従を許さなくなるかも・・・

 

ハピタスは使いやすいポイントサイトなので、今後各案件のポイント数がアップして利用者のメリットが大きくなる可能性も高いです。

「ハピタス」のライバルサイトがどのように動くかも楽しみです。

 

という訳で、今回は「ハピタス」の紹介バナーは貼りません。

KDDIグループ運営のポイント交換サイト「Gポイント」のバナーを貼っておきます。

ハピタスからの交換で2%アップです。

※2019/08/08現在

 

Gポイント

 

読了、ありがとうございました

あなたのフトコロがますます温かくなりますように・・・